京都観光チャンネル 京の夏の行事   五山送り火  TOP
 京の六地蔵巡り
京都では、8月22日・23日の両日に、都の入口(旧街道)六ヵ所にあるお地蔵さんを巡拝して、家内安全、無病息災を祈願する「六地蔵巡り」が行われます。各寺で授与された六種のお幡(はた)を入り口に吊すと、厄病退散、福徳招来するといわれており、800年も続いている伝統行事です。
六つの地蔵尊は
1.奈良街道−大善寺−伏見六地蔵
2.西国街道−浄禅寺−鳥羽地蔵
3.丹波街道−地蔵寺−桂地蔵
4.周山街道−源光寺−常盤地蔵
5.若狭街道−上善寺−鞍馬口地蔵
6.東海道 −徳林庵−山科地蔵

 六体のお地蔵さんは、平安時代の初め小野篁(おののたかむら)が、一度息絶えて冥土に行き、生身の地蔵菩薩を拝して甦った後に、一本の大木から六体の地蔵菩薩を刻み、大善寺(六地蔵)に祀ったといわれ、その後、平清盛が保元年間(1156-1159)に西光法師に命じ、都を往来する旅人たちの路上安全、庶民の疫病退散、福徳招来を願って、都に通じる主要街道の入り口に地蔵堂を建て祀ったことから六地蔵巡りの風習がが生まれたといわれる。
 大善寺 伏見六地蔵  ■京都市伏見区桃山町西町24
法雲山浄妙院と号する浄土宗の寺、六地蔵の名で知られている。 慶雲2年(705)藤原鎌足の子、定慧によって創建されたと伝えられている。地蔵堂に安置する地蔵菩薩立像(重要文化財)は、平安時代の初め、小野篁(おののたかむら)が、一度息絶えて冥土へ行き、そこで生身の地蔵尊を拝して蘇った後に、一木から刻んで六体の地蔵の一つといわれている。当初、ここに六体の地蔵尊が祀られていため「六地蔵」の名がついた。保元年間(1156〜59)に平清盛が西光法師に命じ、都に通じる主要街道の入口に残り五体を分祀したことから、これらの地蔵を巡拝する六地蔵巡りの風習が生れた。(駒札より)

■拝観時間:午前9時〜午後4時
■拝観料:無
■駐車場:無
■京都市伏見区桃山町西町24
■JR奈良線、京阪電車宇治線「六地蔵」下車徒歩10分
    
浄禅寺 鳥羽地蔵  ■南区上鳥羽岩ノ本町93
 恵光山と号し、浄土宗西山禅林寺派に属する。寺伝によれば、寿永元年(1182)文覚(もんがく)上人の開基と伝え、境内に、袈裟御前(けさごぜん)の首塚(恋塚)といわれる五輪石塔があることから恋塚浄禅寺の名で知られている。本堂には、本尊阿弥陀如来立像を安置し、観音堂には、11面観音立像を祀っている。また、地蔵堂に安置する地蔵菩薩立像は、平安時代の初め、小野篁(おののたかむら)が一度息絶えて冥土へ行き、そこで生身の地蔵尊を拝して蘇った後、一木から刻んだ六体の地蔵の一つと伝えられている。この地蔵は、当初、小幡の里に祀られていたが、保元年間(1156〜59)に、都の出入口に当たるこの地に祀られたもので、俗に、鳥羽(とば)地蔵と呼ばれている。

■拝観時間:午前9時〜午後5時
■拝観料:無 
■駐車場:有
■南区上鳥羽岩ノ本町93
■市バス18番久我石原町行 地蔵前下車
     
地蔵寺 桂地蔵  ■西京区桂春日町9
 浄土宗の寺、地蔵寺といい、京都六地蔵巡(めぐ)りの霊場である。本尊の地蔵尊は、平安時代の初期に、参議小野篁(おののたかむら)が、一度、息絶えて冥土(めいど)へ往き、生身の地蔵尊を拝してよみがえったのち、一木より刻んだ六体の地蔵菩薩の一つであるといわれている。保元2年(1157)、平清盛によって、都の安泰を祈るため、洛内に通じる六街道の入口の一つに当たるこの桂の地に分祀されたものと伝えられている。この地蔵尊は、一木の最下部をもって刻まれたもので、世に姉井菩薩と呼ばれている。地蔵堂の東には、石造薬師如来坐像(鎌倉初期)を安置する薬師堂があり、境内には、石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)がある。また、昔、このあたりは、桂の渡しに近く、桂大納言源経信(みなもとのつねのぶ)や、伊勢女(いせじょ)等の歌人の住居があったといわれている。暦応2年(1339)光厳天皇の勅許のより虎関師錬が南禅寺開山無関普門(大明国師)の塔所として建立。慶長7年(1602)細川幽斎が再興した。方丈の襖絵は長谷川等伯の筆で重文。池泉を主にした庭と枯山水と二つの庭園がある。

■拝観時間:午前9時〜午後5時
■駐車場:無
■西京区桂春日町9
■阪急桂駅東口より徒歩5分、市バス桂消防署前 下車すぐ
    
源光寺 常盤地蔵   ■右京区常盤馬塚町1
 臨済宗天龍寺派の尼寺で、境内に地蔵尊をまつる京洛六地蔵のひとつ常盤谷(ときわだに)地蔵と呼ばれる。上善寺の姉子地蔵に対して乙子(おとご)地蔵と呼ばれる。昔、このあたりは鳥羽天皇皇女の八條女院の山荘常盤殿があったといい、後深草天皇も一時、この地に隠棲されたという。また、歌人藤原為業が出家して寂念と称して閑居したところと伝えられており、寺の東には常盤御前の墓といわれるものもある

■拝観時間:午前9時〜午後5時
■拝観料:無
■駐車場:無
■右京区常盤馬塚町1
■京福北野線「常盤駅」 徒歩2分
上善寺 鞍馬口地蔵  ■北区鞍馬口通寺町東入ル上善寺門前町338
 千松山遍照院する浄土宗の寺院。寺伝によれば、貞観5年(863)に、僧円仁により、天台密教の道場として、千本今出川(上京区)に創建されたと伝えられている。その後、文明年間(1469〜87)に、春谷盛信(しゅんこくせいしん)によって再興され、後柏原天皇の勅願寺として栄え、文禄3年(1594)、寺域を現在の地に移し、浄土宗に改められた。
 地蔵堂に安置する地蔵菩薩は、六地蔵の一つと伝えられ、俗に、「深泥池地蔵」、又は、「鞍馬口地蔵」とも呼ばれている。この地蔵は、当初、小幡の里に祀られていたが、保元年間(1156〜59)に、洛北の御菩薩池(深泥池)の畔に祀られ、さらに当寺に移されたものといわれている。

■拝観時間:午前10時〜午後4時
■拝観料:無
■駐車場:有

■北区鞍馬口通寺町東入ル上善寺門前町338
■地下鉄「鞍馬口」下車 東へ徒歩5分
市バス「出雲路橋」下車 西へ徒歩3分
   
徳林庵 山科地蔵  ■山科区四ノ宮泉水町16
 山科地蔵は、初め伏見六地蔵の地にあったものが、1157年、東街道のここに安置された。以後、山科地蔵は東海道の守護佛となり、毎年8月22日、23日の六地蔵巡りが伝統行事となった。徳林庵は、仁明天皇第四之宮人康(しのみやさねやす)親王の末葉、南禅寺第260世雲英正怡(うんえいしょうい)禅師が1550年に開創した。  境内には、人康親王、蝉丸供養等(室町時代)、茶所の4体石仏(鎌倉時代)、荷馬の井戸、飛脚の釜がある。

■拝観時間:自由参拝
■拝観料:無
■駐車場:有
■山科区四ノ宮泉水町16
■京阪四ノ宮駅より西へ徒歩5分。JR山科・地下鉄山科より東へ徒歩10分。
六地蔵所在マップ

戻る