京都観光チャンネル
両足院

 建仁寺の開山明庵栄西禅師の法脈を受け継ぐ建仁寺35代龍山徳見(りゅうざんとっけん)禅師を開山として創建された建仁寺の塔頭寺院。創建された当時の両足院は、建仁寺開山堂・護国院の中にあったが、天文年間の火災の後、「知足院・両足院」両院を併せて「両足院」と称するようになった。本尊は阿弥陀如来立像。池泉回遊式庭園には「半夏生」が群生しており、初夏には化粧をしたように葉が白くなる。
 常は非公開だが、半夏生の頃には毎年特別公開される。

●住所:京都市東山区大和大路四条下小松町591
●アクセス:京阪電車四条駅下車 市バス四条京阪前・東山安井下車

拝観時間:特別拝観のみ  駐車場:無

 

TOP