京都観光チャンネル
詩仙堂

 江戸時代の文人・石川丈山が造営。丈山の隠遁地であったが、1966年に詩仙堂丈山寺となった。曹洞宗。名称の由来である「詩仙の間」には中国三六詩仙を描いた狩野家の額がある。白砂を敷き詰めた庭園にはサツキや紅葉が美しく、丈山の考案と伝える鹿おどしや織部灯籠が残されている。

 

●住所:京都市左京区一乗寺門口町27
●アクセス:市バス一条下り松町下車徒歩約10分
●駐車場:無
拝観時間:9時〜17時
●拝観料:大人・大学生500円、高校生400円、小中学生200円

 

京の寺院・神社・史跡検索