京都観光チャンネル
源光庵(げんこうあん)

 貞和2年(1346)に大徳寺の徹翁義亨(てつおうぎこう)が隠居所として建立した復古堂に始まる。その後、衰退したが元禄7年(1694)加賀大乗寺の僧が再興し曹洞宗となる。「悟りの窓」「迷いの窓」から臨む庭園が美しい。
 本堂廊下の血天井は伏見桃山城遺構。慶長5年(1600)7月に、家康の家臣鳥居元忠の軍勢が、石田三成軍と交戦したが380余名は城内で自刃、それを語り継ぐ痕跡が見られる。

 

●住所:京都市北区鷹峯北鷹峯町47
●アクセス:市バス源光庵前下車徒歩約1分
●拝観時間:9時〜17時  駐車場:有/無料
●拝観料:大人・中高大生400円、小人200円

 

京の寺院・神社・史跡検