京都観光チャンネル
大徳寺・真珠庵

 一休禅師が開山した大徳寺の塔頭、永享年間(1429~41)に創建されたが、応仁の乱で焼失、延徳3年(1491)に堺の豪商、尾和宗臨により再興。方丈内部の襖絵「山水図」「花鳥図」は室町時代、桃山時代を代表する曽我蛇足の作品。庭園は石組みの配列から「七五三の庭」と呼ばれる。茶室庭玉軒は重要文化財。そのほか、正親町天皇皇后化粧殿を移建した通仙院や庫裏(ともに重文)など多くの文化財を保存している。

●住所:京都市北区紫野大徳寺町52
●アクセス:市バス大徳寺前下車徒歩約5分
●拝観時間:9時~16時  駐車場:有/有料
●拝観料:通常非公開

 

TOP