京都観光チャンネル
聖護院

 修験道の大本山。天台の第五代座主である円珍が白河上皇の熊野詣に伴ったことで寺名「聖護」を賜ったとされ、宮家との関連は深く、後に門跡寺院を創始。火災により建物は移転が続いた。江戸時代初期の書院や本尊不動明王など重要文化財も多い。

●住所:京都市左京区聖護院中町15
●アクセス:市バス熊野神社前下車徒歩約3分
●拝観時間:9時~17時  駐車場:有/無料
●拝観料:大人・大学生600円、高校生500円、中学生500円、小学生400円

 

TOP