京都観光チャンネル
金地院(こんちいん)

 南禅寺塔頭。本尊は地蔵菩薩。もとは洛北にあったものを1605年頃、以心崇伝によって移築されたという。小堀遠州作の枯山水の庭が名高い。家康の遺髪を祀る東照宮、狩野派の襖絵がある大方丈、京都三名席の一つである茶室「八窓席」など、多数が重要文化財である。

●住所:京都市左京区南禅寺福地町86-12
●アクセス:地下鉄東西線蹴上駅下車 市バス法勝寺町永観堂前下車
拝観時間:8時30分~17時  駐車場:有/有料
●拝観料:大人・大学生400円、高校生300円、小中学生200円

 

TOP